布団

妖精に乳首はねえ

曖昧

静寂をブチ破って、認知症のおばあさんが大声で「ありがとう!ありがとう!」と連呼するのを見て、なんとなく感動した。もし自分がボケて曖昧になったとして、あんな風に「ありがとう!」が口から出ることはあるんかなって思います。人間が曖昧になった時に出てくる言葉はその人間の根っこと無関係ではないと思うし、自分がボケたときにどんな言葉を口にするのか怖いけどすごく興味ある。人を呪う言葉がとっさに出ないことを祈るばかりだし、それって結構人生の目標というか、生き方の一つの指針になるのと違いますか。ボケたとき、意識が曖昧になってしまった時にきれいな言葉というか、ポジティブ言葉が口から出るとカッコいいよね。それともういっこ思ったのが、「ありがとう!ありがとう!」って言ってるのを聞いて自分の場合はどっちかというと「すみません」が先行しがちだなと。まあ「すみません、ありがとうございます」って言うのも「ありがとうございます」単品で言うのも日本では特別意味に違いとかはないし、たぶんそんな気にすることでもないんだろうけど、なんとなく「すみません」はむやみに使わないようにしようかなとか思った。おわり