読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中でだけ育つ植物

妖精に乳首はねえ

いろんなおじさん

気の狂った事象というのは案外街に転がっているもので、街を歩いていたらサッカーの日本代表のユニフォームを着て、首から大量の数珠をぶら下げ白い作業用ヘルメットを被った白髪のおじさんとすれちがい、ワアと気持ちになったところヘルメットのうしろにはマジックペンで日本軍と書いてあった。何でかはわからないけどご苦労様ですと思った。高校生の時学校から帰る電車にはたまにテレビ欄おじさんという狂ったおじさんがいて、扉の前に手ぶらで立ってその日の新聞のテレビ欄を一人で結構大きな声で暗唱するので最初は恐ろしくて仕方なかったけど、ある金曜日、映画版デスノートが9時から放送されることを教えてもらって以来は好意的な目で見るようになった。あれから何年も経ったがテレビ欄おじさんはまだ扉の前でテレビ欄を暗唱しているのだろうか。

 

 

 

 

 

高校生の時は学校から家まで電車で通っていたのだけど、三年間で一度だけ痴漢に遭遇した女性を見たことがある。痴漢というより、なんか狂ったおじさんで、後輩が興奮気味に「ヤバイっす、ポロンチョしてるっす」と言い出したので一体何事かと思って見やると狂ったおじさんが己のイチモツをポロンチョさせてギャルっぽい女子高生のお尻に擦り付けようとしていた。あまりに面白くて吹き出してしまいポロンチョおじさんと目が合うと、おじさんはイチモツをしまうことなく鞄で前方を隠しながら電車を出ていったので絶対横から見えまくってただろアレと思う。その後何やかんやでその女子高生とおしゃべりしていたのだけど、割と痴漢とかはよくあるらしくて、でもポロンチョおじさんは初めてだったと言ってたので女性は大変だなあとかメチャクチャ雑な感想を抱いた。女性は大変だねと言ったら感想が雑すぎると言われた。