読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中でだけ育つ植物

妖精に乳首はねえ

暇が書いた遊びと、暇を潰す遊びと、暇を書く遊び

首のないシマリスがひょこひょこと歩いてくるとして、私にはそれが首のないシマリスだとわかるので、首の有無は生き物の定義に関わらないんだねと思い、首の有無は修飾語にすぎません。どこまで欠けると私たちは他の生き物になってしまうのでしょうね。どこまで欠けると修飾する語とされる語は主従を入れ替えてしまうのかしら。首のないシマリス、首と尻尾のないシマリス、首と尻尾と毛のないシマリス…。でも一つだけ間違いのないことは、縞のないシマリス、そんなのシマリスじゃないってこと、シマリスというのはそれぞれの家族が代々守り受け継いできた複雑で高貴な縞を持った、誇り高いリスなの。それに比べて人間という生き物の気持ち悪さったらないわねえ、なんであんなにつるつるしてるのかしら、毛も頭のてっぺんにしか生えていないし、足も体全体もいやに細長いわ。それにわざわざ二本足で歩くんですって。なんのために神様が四本も足をつけてくださったのか、知らないのかしら。ちょっぴりおつむが足りない生き物なのね。それに尻尾もない!私たちみたいに美しくって、ふさふさとした縞模様の尻尾ではないにせよ、普通どんな生き物だって尻尾はあるわよ。それにしても首がなくなって、木の実を拾い集めなくて済むようになって助かったわ、おなかが空くのは胃袋のせいじゃなくって、口のせいだったのね。口があるからお腹が空くのね。

 

 

 


Wintergatan - Marble Machine (music instrument using 2000 marbles)

人間が最近作った、もっとも優れた暇を潰す遊び

 

 

 

 

 

ウーン、早くこの人間性の地獄から抜け出したい。ドアを開けて、閉める。本を開いて、閉じる。栞も挟まずに。立ち上がって、座る。穴を掘って、埋める。何もないことをずっと続けていられるほど狂ってはいないから。かといって動くこともしたくないほどには凝り固まっているから。人を、開いて、その肉と糞便と血とが詰まっただけの袋であることを、確認したくない。いつまでも私を夢見る乙女でいさせて。ただ食べただ飲みただ寝て毎日過ごしていますけど、本当に私は目標無く生きるのが下手なくせに目標を立てるのは億劫で、さっさと他の人に私のための道標を立ててほしい、そうしてくれたら頑張れます頑張りますとも。ああ主体性のない人間、きっとおんなじように考えている人間はきっと百万人はいて、掃いて捨てるほどいて、みんなも大変だねえ一緒に頑張ろうねえ何を頑張ろうねえ困ったねえという具合に何にもない日常を過ごしています。うつぶせでないと寝られない私の顔はやはりどんどん変形していくのかしら。何にもない日常で私の顎だけがどんどん削れていくとしたらそれはそれで結構なことです日常に変化を求めないくせに変化が全くないと文句を言うつまらない人間なので。