読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の中でだけ育つ植物

妖精に乳首はねえ

太陽の下、月の下

寝て、起きたら、体重が1kgも増えていた。さすがに笑ってしまって、とうとう私の体は質量保存の法則に囚われない体になったのか、それとも夢遊病患者になって必死に米でも食べたのか。夢遊病というファンシーな名称からは程遠い眠り動くゾンビは、いや、動き眠るゾンビか、まあどうだっていいけど、きっと彼は太陽が昇っている間に自分が我慢したことを月の昇っているうちにするんでしょうね。昔から月と狂気は一つのものでした。

 

 

 

東京とかいう、日本で一番人間の多い街に行ってきました。人間が多い街で一番初めに見かけた人間は、携帯電話に向かって「こっちが右!!!!!」と気の狂ったような大声で叫ぶババアでしたので、ハハーン人間の多い街で人間は皆狂ってしまったのだなと思いました。先日は大阪のコンビニのイートインで歯が全て抜けたジジイと会話していたとき、割れたスマートフォンの画面を見せたとたんに「殺すぞ」と言われたので、どこにでも狂った人間はいる。人間という母数が多いから狂った人間も増えるのか、それとも人間が多いことによって人間が狂うのか。

 

 

 

東京では浅草で延々と酒を飲んでいたせいでほとんど何も覚えていないけど、夜も遅くにせっかくなので浅草寺を見に行って、仁王像の阿形の乳首がめちゃくちゃデカいと笑っていたらしい。観光なんて案外こんなものでいいのだろう。

f:id:chang_chang:20160425173745j:plain

 突起の度合いがものすごい。

 

 

 

 

そういえば最近尻の穴がとにかく痛い、辛いものを食べ過ぎた翌日のような痛みが続くのだと友達に言うと、東京の安宿で襲われたのではないか、お前はその辛すぎる記憶を消しているだけだ、という回答が帰ってきた、もしかすると夢遊病の性豪が東京にはいるのかもしれない。私はその被害者なのかもしれない。太陽の下で相手を見つけられなかった性に猛るゾンビは今夜も月の下で眠りながら彷徨っているのかもしれない。