布団

妖精に乳首はねえ

昔、メンヘラと男色おじさんがいて

実にありがちでつまらない与太話の一つとして受け取ってもらいたいのだが、2年ほど前に幽霊のようなものと遭遇した。ようなもの、と歯切れの悪いのは確信が持てないからです。私はアパートで独り暮らしをしていて、用事を済ませて家に昼過ぎに帰ってくると隣の部屋のドアが開いていて、中をちらりと覗くとカーテンを閉め切った部屋で髪の長い女性が体操座りで座っていた。体操座りや三角座り、体育座りなど色々な呼び方がありますね。その後3時間ほどしただろうか、もう一度私が部屋を出るときも全く同じ態勢で微動だにしておらず、あらまあ俗に言うメンヘラってこういう人のことなのかしらんと、家を出た。その後大家さんと話をしていると、件の私の隣の部屋には入居者はいないとのことです。しかしよくよく考えてみればあれが幽霊でいてくれた方がまだましで、もしあれが生身の人間だった時の方がもっと怖い。うちのアパートにはオートロックがあるので。ちなみに先日隣の家に女性が引っ越してきたのだけど、あいさつをしても全くこちらを見もしないのでこれはこれで困っている。隣人として良いのは幽霊とメンヘラどちらか。

 

 

 

 

うちのアパートの大家さんはとても良い初老の男性で、昼時に会えばご飯に連れていってくれるし、鏡を割ってしまってもすぐにただで代わりの鏡をくれるし、鏡をくれるついでに桃とブドウもくれる。ただより高いものはないので最近は大家さんの親切が何だか緊張感のあるものに思えて、もしも大家さんに男色の気があったら断りきれないような気がする。受けた恩義は何とかして返さないといけない。でも断る。

 

f:id:chang_chang:20160131212857j:plain

 

 

 

 

マイノリティにも日の光が当たり始めたこのご時世、男色の気がある人間が存在するのは認めるけど正直な気持ち私には関わらないでほしくて、高校生の時に学校から駅まで歩いて帰っていたら30代くらいのおじさんに県庁までの道を尋ねられたので駅に行く道の途中にあるしということで一緒に10分ほどおしゃべりしながら帰ったことがある。最初は学校のことや所属している運動部のことを話していたのだけど、バイトはやっていないのかと聞かれ部活で忙しくてやってませんと答えると、私の裸をビデオで撮影させてくれたら5万円あげると言われ、突然の男色カミングアウトと流れるような男色オファーに驚いた私はまだ童貞なのでそういうのはまだ早いですとわけのわからない回答をした。実にわけのわからない回答だったと見えておじさんも驚いていたのか、気がつけばどうして私に彼女ができないのかといった恋愛相談を男色おじさんとして、確かサバサバしすぎているという評価をもらったと思う。男色おじさんはあって5分の私からサバサバしすぎていることを見抜いたのですごいなと思います。そんなこんなで県庁の道を教えて和やかにお別れをした。和やかといっても心中は寿命の縮む思いだったし、今考えると5万円は安すぎる。男色おじさんは己の市場価値を理解していない男子高校生を買い叩くのをやめてほしい。後日駅のトイレでばったり男色おじさんと再会したときは、しかも男色おじさんが私のことをよく覚えていたので心底驚いた。