布団

妖精に乳首はねえ

昔、メンヘラと男色おじさんがいて

実にありがちでつまらない与太話の一つとして受け取ってもらいたいのだが、2年ほど前に幽霊のようなものと遭遇した。ようなもの、と歯切れの悪いのは確信が持てないからです。私はアパートで独り暮らしをしていて、用事を済ませて家に昼過ぎに帰ってくると隣の部屋のドアが開いていて、中をちらりと覗くとカーテンを閉め切った部屋で髪の長い女性が体操座りで座っていた。体操座りや三角座り、体育座りなど色々な呼び方がありますね。その後3時間ほどしただろうか、もう一度私が部屋を出るときも全く同じ態勢で微動だにしておらず、あらまあ俗に言うメンヘラってこういう人のことなのかしらんと、家を出た。その後大家さんと話をしていると、件の私の隣の部屋には入居者はいないとのことです。しかしよくよく考えてみればあれが幽霊でいてくれた方がまだましで、もしあれが生身の人間だった時の方がもっと怖い。うちのアパートにはオートロックがあるので。ちなみに先日隣の家に女性が引っ越してきたのだけど、あいさつをしても全くこちらを見もしないのでこれはこれで困っている。隣人として良いのは幽霊とメンヘラどちらか。

 

 

 

 

うちのアパートの大家さんはとても良い初老の男性で、昼時に会えばご飯に連れていってくれるし、鏡を割ってしまってもすぐにただで代わりの鏡をくれるし、鏡をくれるついでに桃とブドウもくれる。ただより高いものはないので最近は大家さんの親切が何だか緊張感のあるものに思えて、もしも大家さんに男色の気があったら断りきれないような気がする。受けた恩義は何とかして返さないといけない。でも断る。

 

f:id:chang_chang:20160131212857j:plain

 

 

 

 

マイノリティにも日の光が当たり始めたこのご時世、男色の気がある人間が存在するのは認めるけど正直な気持ち私には関わらないでほしくて、高校生の時に学校から駅まで歩いて帰っていたら30代くらいのおじさんに県庁までの道を尋ねられたので駅に行く道の途中にあるしということで一緒に10分ほどおしゃべりしながら帰ったことがある。最初は学校のことや所属している運動部のことを話していたのだけど、バイトはやっていないのかと聞かれ部活で忙しくてやってませんと答えると、私の裸をビデオで撮影させてくれたら5万円あげると言われ、突然の男色カミングアウトと流れるような男色オファーに驚いた私はまだ童貞なのでそういうのはまだ早いですとわけのわからない回答をした。実にわけのわからない回答だったと見えておじさんも驚いていたのか、気がつけばどうして私に彼女ができないのかといった恋愛相談を男色おじさんとして、確かサバサバしすぎているという評価をもらったと思う。男色おじさんはあって5分の私からサバサバしすぎていることを見抜いたのですごいなと思います。そんなこんなで県庁の道を教えて和やかにお別れをした。和やかといっても心中は寿命の縮む思いだったし、今考えると5万円は安すぎる。男色おじさんは己の市場価値を理解していない男子高校生を買い叩くのをやめてほしい。後日駅のトイレでばったり男色おじさんと再会したときは、しかも男色おじさんが私のことをよく覚えていたので心底驚いた。

息子次第で君も剣豪になれる

バイト先がちょっと高級な飲食店なので、金をいくらか持った人間がやってくる。これは結構有名なことかもしれないけど金をいくらか持った人間は2種類に分類できて、どんな人にでも丁寧で物腰の柔らかい人間か、自分より何かしらの面で劣る人間に高圧的にふるまう人間の2種類で、後者と接するのはいくらそういった人間の言う言葉を聞き流そうと心の中で思っていたとしてもやはりどうにも疲れる。さらにそういう人間に限って酒に酔うとさらにひどくなることが多くて、以前酒にひどく酔った小金持ちにお前は浄土宗なんだから青森に行けと信じられないくらい高圧的で怒気を孕んだ口調で言われた時は本当に腹が立ったし、すぐ手元にあった肉切り包丁が妖しく光ったように見えた。殺意に呼応する肉切り包丁なんて物騒なものを飲食店に置くな。しかしもしあの時肉切り包丁を取っていれば私の偉大な剣豪への道が開かれていたのかもしれないなと思うとワクワクする。それと私は浄土宗じゃなくてクリスチャンです。何度言っても聞かないので実に腹立たしい。

f:id:chang_chang:20160106235308j:plain

このブログで使った画像の内訳が刃物×2 裸の男×2 泥団子×1となっているのは興味深い。

 

 

 

何かで聞いた話が混ざりに混ざったような気がするのだけど、古来より剣豪は修行の合間にそこらの山に生えている竹に陰茎をしごいて自慰をしたとかいう話が実に好きで、それが嘘かどうかということはどうでもよくて、無精ひげ生え放題血走った眼の剣豪が竹で己の陰茎をしごいている様を想像すると実に愉快だ。剣豪の自慰はあまりにもストイックで、もはやそれは一般の人間からすれば自慰というよりも修行の一環で、しかしそれが剣豪にとっては快楽なのだから、実に愉快だ。それに剣豪にはちんこなどという生ぬるい単語は似合わなくて、やはり陰茎という言葉のよく似合うこと。陰茎の似合う男になれば剣豪への道のりももう道半ばといったところか。女性剣豪のなり方は私にはわからないので、もしもそのような方がいたら力添えすることができず申し訳ない。

瑕一つなく光る

私の実家では骨壺を傘立てにしている。待ってくれ、もう少しだけ話を聞いてほしい。完全にとち狂った家と思わないでくれ。実家のすぐそばに納骨堂があったのだが、庭で壺を掘り当てた小学校のころは、不思議な色の砂が入っている立派そうな木の壺としか思っていなかった。壺に入っていた不思議な色の砂の正体はあの壺がもし本当に骨壺なのであれば完全にアレなのだが、バカだったのでそんなことは欠片も考えず泥団子の仕上げのコーティングに使った。いい泥団子が仕上がったように記憶している。光る泥団子が流行っていた。実家のそばにある納骨堂がどういうものであるかを理解したときにはもうその壺はすっかり我が家の傘立てとしての存在を確立させていて、それに立派な壺だったので重心もやたらとしっかりしていて、私もまあいいかとそのままにした。納骨堂からどういうわけか飛び出してきて我が家の庭に埋まり、子どもに掘り当てられ、光る泥団子のコーティングに使われてしまった遺骨に対する罪悪感と、納骨堂から骨壺が飛び出すわけはないのであれは骨壺じゃないんじゃないかという疑念は骨壺を見るたびに甦ってきて、多分私があまり帰省したがらないことと骨壺は無関係ではない。

 

f:id:chang_chang:20151105150129j:plain

 

年末は帰省します。

縄・爆弾・麻雀

そういえば最近は僕にしては珍しくせわしなかった。中核派のアジトで鍋を食べたり和歌山県から来た会って2秒でしゃぶらせてくれるという3人のゲイに酒を注いだり縄で縛られたり(ゲイに縛られたわけではない)結婚式の模擬練習をしたり(ゲイと練習したわけではない)していた。結婚したい(ゲイと結婚したいわけではない)。せわしいもせわしないも同じくいそがしいという意味なのは大変不思議で、でも調べるつもりは一切ありません。そういう気にはなるけど知ろうとは思わない事柄を大切にしたくて、ウユニ塩湖がどうしてあんな景観になるのかとか海の色が青い理由とか、空の色も何で青いのかな。宇宙は黒いと聞いているのに。もやもやしたものばかりが世界にあふれると僕が住みやすい世になる。そういうのが好きなので。住みやすい世を作りたい。政治家になりたい。政治家になってゲイも住みやすい世を作りたい。

 

f:id:chang_chang:20151203185017j:plain

 

ゲイはたいていパンツの位置がおかしい。

 

 

 

夢で特攻隊の夢を本当によく見るのだけれど、これは多分小さいころに鹿児島の知覧というところにある特攻隊資料館に行ったためで、とにかく特攻隊というものが怖い、死を強要される夢が怖い、それは誰でも怖い。小さいころはそのショックな体験をそのままひきずって飛行機に乗って特攻させられる夢を見ることが多かったけど最近は本当に不条理な特攻を強いられる夢が多くて、高いビルのてっぺんから爆弾を抱えて特攻するなんて夢を見たときは夢の中で自国で自爆特攻とはこれは一体何の意味があるのかと聞いたけど上官に殴られて、自爆テロなんかのイメージも混ざりだしてだんだん特攻隊とは関係なくなっては来ているけど特攻の夢を見たときは最悪の気分で起きることになるのだけれど、大体嫌な夢を見て数日は麻雀が強い気がするので麻雀を早くしたい。逆説を導く接続詞けどを連続で用いる文章は本当に最悪だ。最も悪い。それはいいとして全国の幼き子を持つ父母に伝えたいのは、幼いころに特攻資料館などのある種ショッキングな経験を子どもに軽々しくさせてはいけなくて、当然戦争の恐ろしさ、不条理さなどは子どもたちに伝えていかなければいけないのだけど、その時はきちんと子どもの感受性の発達状況やその後のフォローについて考えた上で、大丈夫だと判断してから経験させてやるべきで、感受性が発達していないときにそういう経験をするとものすごい子どもになるかものすごくヤバい子どもになるかの二択ですので、僕は残念ながら後者のようで自爆と麻雀を結びつけるような最低な人間になってしまった。多分これは父さん母さんは悪くない。昨日の麻雀はプラマイゼロでした。ママ、僕頑張るよ。

お父さんの仇とか女子高生のスカートとか

少し前の話だが電気が止まってしまった。別に電気代が払えなくてというわけでもなくとにかく無精なので2ヶ月に一度は電気料金を支払わなければならないのを忘れてしまい、さらに無精なので自動振り込みの手続きもしていないので、気を抜くと電気が止まる。大学に入ったばかりの時、先輩が夜急に50円貸してくれ!電気が止まる!と言っていて、こうはなるまいと思っていたけれど今どちらがマシなのか自分には判断がつきません。その先輩に教わったことには支払期限の関係でガスは3ヶ月周期、電気は2ヶ月周期で止められるので、6ヶ月に一度電気もガスも止められる地獄の月がうまれるそうで、何となく戦慄したのでネットでポチポチボタンを押すだけで自動振り込みが完了するガス代だけは自動振り込みのおかげで一度も止まったことがない。ただ、我が家の給湯器はガスと電気両方がなければ動かないようで、まあ当然といえば当然なんだけど、そういうわけで2ヶ月に一度電気が止まるとお湯が出ず、暗闇のなか冷たいシャワーを浴びることになり、死や貧困、行ったこともないインドやタイについて考えることになる。タイの孤児を拾って武術を習わせて、大人になったら実はお前の両親を殺したのは俺だ、お前には俺を殺す資格がある、とか言いたい。


電気が止まったときの対応はもう慣れたもので、さすがに電気が止まると無精だのなんだのいってられないので支払いを済ませて電気会社に連絡する。一度携帯の充電がきれたときに電気が止まったときは苦労した。連絡してもすぐに電気が戻るわけでもなく、大体一晩は電気なしで生活するのだが、暗いので百均で蝋燭を買ってきて灯すとなんだか洒落た雰囲気が出て笑う。電気止められてるくせに。洒落た空気に流されて読書でもするかと思うけど、ページをめくったり呼吸をしたりするごとに炎がちらついて集中できないので大抵すぐやめる。そのあとは大体炎のちらつきを眺めて気がつけば夢のなか、という段取りなのだが、友人に言うと酸欠だのなんだので危ないと言われたので最近は寝る前に吹き消すようにした。人は自分だけで生きているのではなくて、人に生かされているんだと感じる瞬間だ。



人間がいつまでも眺めていられるもの、というものが3つほどあったはずで、波と炎ともうひとつなにかだったと思うのだけどさっぱり思い出せない。思い出せないので風になびく女子高生のスカート辺りだろうとふんで生活をしている。砂時計だったような気がしてきた。

不法侵入だけは絶対にやめておきなさいよという訓戒

坊主が嫌いだ。寺の坊主が嫌いだ。税金を納めなくていいことに豪遊している坊主はもちろんのこと、大体の坊主が嫌いだ。いい坊主もこの世にはいるのかもしれないけれど、僕の短い人生で登場した坊主は一人しかまだいなくて、その坊主が嫌いだ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとまではいかないが、坊主が憎いので全坊主が憎い。

 

 

大学生の時、みんなで合宿に行った。山奥の民宿に大勢で泊まって元気に騒いでいたわけだが、少し眠ってしまってふと起きたときに、民宿の近くにある寺に行ってみようと急に思い立った。周囲も寝ていたので一人でフラフラと歩いた。明け方の寺への道は、春のきつすぎるつんとした緑のにおいと土のにおいと川の音がした。杉やら何やら背の高い木がたくさん立っていて、まあとにかくそんな具合の日本の田舎ならどこにでもあるような山だった。20分ほど舗装されてはいるものの道路とはいいがたい急な勾配を登り続けたころ、ようやく寺の姿が見えて、少しの達成感と疲労を覚えた瞬間、たまたま坊主が寺の雨戸を開けた。坊主は賽銭泥棒か何かと思ったようで、怒号を発して追いかけてきた。反射的に逃げ出したのだが坊主は軽トラに乗って追いかけてくる、軽トラかよ嘘だろ、ああ軽トラのために道が舗装してあったのか、隣の渓流に身を投げ込んで逃げようかな、などいろいろ考えながら足を回していると当然追いつかれた。謝ろうと思って身構えると軽トラから出てきた坊主は鉈のような刃物を持っていて。「誰じゃお前は!」「いやすみません」「何しに来たんじゃ!」「いやほんとにちょっと気になって見に来ただけなんですすみません」「警察呼ぶかコラ!」「ほんとすみません」おなかにあと10cmもすれば刃物の先端が届くというこの状態で警察を呼んだらどちらが捕まるのかなあとか、すごい汗をかいているなあとか、思考が渦巻いた。なんだかんだで許してもらって民宿に逃げ帰った。ああ、坊主憎けりゃ鉈まで憎い。

f:id:chang_chang:20151108112952j:plain

人は知らず知らずに助け合う生き物らしく

幕内力士を平等に愛したい。それほど熱狂的な相撲ファンというわけではなく普段の大相撲の幕内の試合は毎日見ている、それくらいの相撲好きでしかない僕だが、幕内力士の悪口を言ったことがないのは数少ない自慢である。バイト先のマスターはかなり過激な人間で、車を運転しているときに少しでも運転マナーの悪いタクシーなどを見かけると自分に何の迷惑も掛かっていなくても追いかけていって文句を言いに行くような人間なのだが、マスターは力士の悪口をすごく言う。稀勢の里は肝心のところで勝てないアホだ、鶴竜横綱の器ではない、モンゴルに帰れ、などなど。といってもこういう悪口は許せる。たいてい年寄り連中に今の相撲を批判させたらこういうことを言う。ただある日一つだけ許せない悪口があって、「琴奨菊はおしりがぶつぶつだからダメ」というのには参った。おしりがぶつぶつなだけでダメと言われる琴奨菊に同情した。同じ福岡県出身の力士がおしりのぶつぶつを批判されているのは耐えられなかった。耐えられなかったが、マスターにはハハと乾いた笑いだけを返しておいた。耐えられた。
ph_image01

そもそも力士におしりのきれいさを求めている人間なんていない。




バイト先はそれなりに古くからやっているちょっと高級な飲食店なので、色々な話を聞ける。バブル期の話が特に好きだ。バブル期の、彼女に現金で億ションを買ってあげたりといった豪勢な話も好きだしバブルがはじけてめちゃくちゃになった話も好きだ。バブルがはじけて70億損した男が株屋に行って、ひたすらに「死ね~~~~~死ね~~~~~~」と言い続けた話が無性に好きだ。おじさんが何度も「死ね~~~~~死ね~~~~~~」と言うのを想像するだけで口角が上がる。辛いことがあった時は顔も知らないそのおじさんのことを考えて心の平安を保っている。琴奨菊のおしりがぶつぶつでダメだと言われたときも70億おじさんのおかげで耐えられた。見ず知らずの70億おじさんに助けられて僕は生きている。バイト先には70億おじさんとは別に50億おじさんという人も来る。50億おじさんというのは僕が勝手に心の中で呼称しているのだが、彼は見ず知らずの遠縁の親戚の遺産50億円が突然転がり込んできてリアル人生ゲームをクリアしたそうだ。その資産を運用して2億ほど稼いだそうだが、それはサラリーマンの生涯平均賃金と同程度なので、自慢されても困る。店にはよく来るので顔見知りなのだが、接客しているときはどうにか500万円くらいくれないかという考えで頭の中が本当にいっぱいになる。接客は笑顔が命なので、そういう時は70億おじさんのことを考える。50億おじさんを前にして70億おじさんのことを考えるのは面白い。70億おじさんは正しく言うと-70億おじさんなので、その差120億おじさんズなどとわけのわからないことを考えていると大体グラスを割る。グラスを割って怒られているときも、70億おじさんに助けられる。